メラニン色素が沈着する原因

メラニン色素 沈着 知識

 

メラニン色素は、色素細胞であるメラノサイトから分泌されます。

 

肌は刺激を感じることによりメラニン色素を生成します。
メラニン色素によって、肌を外からの刺激から守ることができるからです。

 

メラニン色素はスムーズに排出されれば肌に残ることはありません。

 

日焼けしてしまったり、ニキビ虫刺され、ヤケドなどの跡が無防備なまま紫外線にあたったりすると、本来排出されるはずの色素が肌に残り、沈着してシミになります。

 

肌を守ろうとして生成されたメラニン色素は、通常は肌のターンオーバーと共に垢となって皮膚から剥がれておちます

 

ターンオーバーによる肌の生まれ変わりと共に、外に排出されていき、それに伴って黒ずみも次第に消えていきます。
それが本来の状態なのですが、紫外線の刺激が強かったり、ターンオーバーがスムーズに行われないときには、色素沈着となって残ってしまいます。

 

いったん残ってしまうとターンオーバーによって自然に消えにくくなります。

 

紫外線の影響とターンオーバーの乱れはもちろん、下着などで肌が擦れてしまったり、ナイロンタオルで体を洗うなど肌を直接刺激することやホルモンバランスの乱れなどによってもメラニン色素の沈着は起きますので知識として持っておくとよいです。

メラニン色素の沈着を予防や解消するには

メラニン色素 沈着 知識

 

予防や解消のためには適切な対策が必要です。
紫外線の影響は大きいですから、日焼け止めを塗るなど紫外線対策をキチンと行いましょう。

 

日焼けをしたり、虫刺されやニキビといったもので炎症が起きたときには、炎症を解消することが予防に繋がります。
肌を冷やしたり、抗炎症作用のある薬を塗ったり、適切なスキンケアをして炎症を抑えるように心がけましょう。

 

肌のターンオーバーを正常に保つことも大切です。

 

普段からしっかり保湿するなど、適切なスキンケアを心がけましょう。

 

肌を必要以上に刺激しないように、肌に触れるものを意識しましょう。
体を洗うときにナイロンタオルやボディブラシなどでゴシゴシと洗うのは避けましょう。

 

下着を選ぶときには黒ずみを起こしやすい部分が出ないようなデザインを選ぶとよいです。
素材もシルクやコットンなど天然のものを選ぶほうが予防になります。
下着の選び方でデリケートゾーンの黒ずみが出来るのを防ぐにはデリケートゾーンの黒ずみを「クリーム」と「2つのアレ」で消す方法!というサイトがとても参考になるのでおすすめです。

 

ボディに関しても黒ずみが気になるところや予防したいところは、しっかりと保湿をしてケアしておきましょう。

 

ホルモンバランスの乱れや肌のターンオーバーの乱れには、ストレスや栄養バランスの悪い食事、睡眠不足など生活習慣も影響しています。
栄養バランスのとれた食事を心がけることや睡眠時間をしっかりとること、規則正しく健康的な生活習慣を心がけましょう。